離婚や財産分与、慰謝料などでお困りではありませんか
元調停委員・行政書士夫婦が離婚・相続の解決をお手伝いします。

代襲相続 vs. 再転相続

代襲相続及び再転相続は、被相続人の孫・ひ孫や甥・姪などが関係する相続という点で類似性があるので、混乱する人も多いようです。しかし、法的な取扱は明確に異なります。代襲相続の場合、「養子の子」の出生の時期で、「養子の子」が代…

続きを読む

相続放棄の熟慮期間・起算日の裁判例要約

どれだけの人が、相続によって土地や家などの積極財産と共に、債務それも保証債務など消極財産が承継される事を知っているであろうか?又、相続放棄できるのが、相続開始後3ヶ月という短い期間であることを認識しているであろうか?相続…

続きを読む

相続放棄と相続権の放棄

相続放棄は、初めから相続人とならなかったと見做されて、被相続人の権利も義務も一切承継しない法的効果をもつ手続(民939条)です。相続開始を知ってから3ヶ月以内での申述手続が必須ですが、申述手続もせず民法上の相続放棄に該当…

続きを読む

相続放棄の方法ー兄弟姉妹・直系尊属の場合

被相続人が、生前に自己破産の手続をせずに多額の負債を負って死亡した場合は、相続人にとって、相続放棄は必須の手続です。配偶者や子など第一順位の相続人は被相続人をよく知っている場合が多いので、すぐに相続放棄するでしょう。しか…

続きを読む

相続による債務承継の裁判例

被相続人の死亡による相続開始により、債務は法定相続分の割合により各法定相続人に自動的に分割されて承継されます。 債権債務は、民法上は可分債権・可分債務として扱われるので(民427条)、相続開始により、債務は当然に法定相続…

続きを読む

相続による債務の承継

被相続人の死亡により相続は開始し、相続人は被相続人の権利義務の一切を承継します。(民896条) 権利義務ですから、被相続人の積極財産(現預金・不動産等)と消極財産(負債ー借入債務、保証債務)を引き継ぎます。 民法上、債権…

続きを読む

相続放棄の方法ー配偶者・子の場合

被相続人の負債が資産より明らかに上廻る場合は、相続債権者から被相続人に代わって債務履行を迫られるリスクを避けるために、自分が相続人であることを知ってから3ヶ月以内に、家庭裁判所で相続放棄か、限定承認の手続をすべきです。(…

続きを読む

遺言の検索と遺言書の取得方法

法務局保管自筆遺言と公正証書遺言は、遺言者の死亡後に相続人、受遺者、遺言執行者等の利害関係人であれば、無料か安価な費用で、比較的簡単に遺言書の有無を全国のいずれかの法務局や公証役場で検索できます。 法務局保管自筆遺言は、…

続きを読む

どの遺言方式を選択すべきか?

民法が定める遺言の方式には、自筆証書遺言、公正証書遺言及び秘密証書遺言の3方式があります。この内、秘密証書遺言は、遺言者本人が作成した遺言(自筆である必要はないが氏名の自署と押印は必須)を封印した封書に納めたことを公証人…

続きを読む

電話・メールでのご相談

ご相談は面談が原則です。電話・メールで、ご相談内容と面談希望日をお伝え下さい。
すみませんが、無料相談は受け付けておりません。

メールは24時間受付ですが、返信に最大2営業日ほど頂く場合もございます。

    お問合せ事項 (複数可)

    ページトップへ戻る