にれの木の花言葉 個人の尊厳

03-3727-1801(9:00-20:00)

全体メニュー   事務所の基本姿勢と受付時間    「家から出ろ」と言われた方


離婚後の姓・名字と戸籍

(1)親権者と子供の姓・名字

親権者が妻だから、離婚後に子どもの姓は妻の旧姓となる?
①結婚した時、夫の姓を名乗ったかどうかで決まります。 (戸籍筆頭者が夫の場合、夫の姓を名乗りました。以下、この前提で説明します。)
②離婚後に、母が親権者となっても、子供の姓は、夫の姓のままです。
③親権者だからと言って、子供の姓が、親権者の姓に自動的に変更されないことに注意して下さい。
▲養育費等他の離婚条件のメニュー・トピックスに戻る

(2)離婚後の子供の姓の変更と戸籍の移動

離婚後すぐに、子どもは誰の戸籍に入っている?どうしたら母の戸籍に入れる?
①夫の戸籍に入ったままです。(夫の姓を名乗った場合)
(このまま放置される例も多く、進学・就職時に困る場合も多いので、注意して下さい。)
②子供の戸籍の身分事項の親権者欄には、「親権者:母」と明記されますが、子供の姓を変える手続をしないと、母の戸籍に入れません。
③具体的には、家庭裁判所で、子どもの姓を変える手続き(「氏の変更許可申立」※1)をしてその許可を得る事が、必須です。
④たとえ、母が婚氏続称(※2)して、夫の姓を名乗っても、子供を妻の戸籍に入れるには、子供の「氏の変更」が必要な事にご注意を!!。
※1 ・「氏の変更許可申立」:「名の変更許可申立」と同様に、家事事件手続法上、「別表第一事件」と呼ばれ、審判事件であって調停の対象ではありません。審判は、裁判の一種ですが、誰もが、一人できる簡単な手続なので安心です。具体的にはご相談を。
・氏は、「うじ」と読み、姓・苗字のこと。(市区町村の戸籍係も親切に教えてくれます。)
・子が15才未満の場合は、親権者が法定代理人となって申立てができますが、15才以上の時は、子ども本人が、家裁に行く必要があります。(子供が15才以上になると、親権者は、「氏の変更」で、子供を代理できません。)
※2 ・婚氏続称:離婚後は旧姓に戻るのが原則です。 離婚後3ヶ月以内の届出(婚氏続称届)で、 結婚の時に名乗っていた夫の姓を名乗れます。
・しかし婚氏続称をしても、母の対外的な姓(=夫の姓)は「呼称上の氏」に過ぎず、「民法上の氏」は旧姓で、子供の民法上の氏(=父の氏)と違うので、子供の氏の変更が必要となることにご注意を。理解しにくいとは思いますが、理屈はここに述べた通りです。
⑤氏の変更を許可を得た後に、市区町村の戸籍係に、「母の氏を称する入籍届」を提出します。
家裁の許可が降りると、対外的に名乗る子の姓が、母と同じになるので、母の戸籍に入れるという理屈です。
▲養育費等他の離婚条件のメニュー・トピックスに戻る
離婚後は旧姓に戻りたい、でも子どもの姓が変わって、学校でのイジメが気になる?
以下の選択肢から選んで下さい。①と②がリスクがなく、お奨めです。
(何れも、母が親権者と仮定)
<①は、戸籍と学校での姓を同一にする方法、②は戸籍上の姓の外に、学校の通称上の姓も作る方法>
①母は旧姓に戻るが、子の氏の変更はせず、子の姓は父の姓のままとして、父の戸籍に置く。子の卒業等の折りを見て、家裁に子の氏の変更申立をして、母の戸籍に入籍させる。 尚、母が親権者であっても、子供は、子の氏の変更をしなければ、父の戸籍にいたままです。母の戸籍に入れたい場合は前の記述をご参照下さい。
(子の姓=従来通り、但し 子の姓≠母の姓⇒子の氏の変更で子の姓=母の姓)
※父を親権者としないと、子が父の姓を名乗れず、父の戸籍に置けないという誤解が多いのでご注意を。
②まず、母は旧姓に戻り、離婚後すぐに、子の氏の変更をして、母の戸籍に入籍させる。(子の氏=旧姓=母の姓)
次に、学校の担任教師とよく相談し、下記を依頼する。(必ず、協力が得られます!)
・学籍や卒業証書など正式な書類の姓は母の旧姓となっても、学校での通称は従来のままの取扱いとする。
・出欠や卒業式などでも、従来の通称の姓で呼ぶ。(卒業証書もうまくカモフラージュしてくれます。)
③婚氏続称した後に、子の氏の変更許可を得て、母の氏を称する入籍届を出す。
母は、子の卒業など時期を見て、再度、家裁に、やむを得ぬ事由による氏変の許可申立をして旧姓に戻す。子は既に母の戸籍に入っているので、自動的に戸籍筆頭者の母と同じ氏になります。(子の姓=母の姓=父の姓 ⇒ 子の姓=母の姓=旧姓、<2回の氏変更>)
※母は、民法上の氏に戻る訳であり、氏変がやむを得ないとされている事由「①婚氏続称後、婚氏が社会的に定着する前 ②恣意的でない③第三者に損害を与えない」を考慮する際、 緩やかに解釈され、許可される可能性は高いようです。但し、裁判官の裁量なので、旧姓復帰の100%の保証はありません。
▲養育費等他の離婚条件のメニュー・トピックスに戻る

(3)子供の姓の変更と相続権

子供の氏の変更と相続権
①子供が氏・姓・名字を変えて父と異なる氏となっても、相続権に変更は全くありません。
②氏が違っていても、戸籍に実父の氏名が明記されている以上、嫡出子としての相続権は消えません。
③父親が再婚して、母違いの子供(異母兄弟)が誕生しても、子供の相続権は、異母兄弟と全く対等です。
▲養育費等他の離婚条件のメニュー・トピックスに戻る

(4)離婚歴のクリーニング?

離婚歴を隠したい?戸籍のクリーニングができる? 
①戸籍から離婚歴を表面的に見えなくすることは可能。
②居住中の市区町村外に、戸籍を移せば、戸籍から離婚の項目は一応消えます。
(同一市区町村内での転籍では消えない。尚、戸籍は何れの場所にも置けます。)
③但し、除籍謄本をとれば、戸籍上で離婚が明記されています。完全に離婚歴を消すことは不可能です。(戸籍のクリーニングは、一応は、可能ですが、完璧ではない。)
▲養育費等他の離婚条件のメニュー・トピックスに戻る

(5)再婚と子供の姓・名字

子連れで再婚する時、子どもは、夫と養子縁組しないと同じ姓を名乗れない?
①子連れで再婚して、妻が夫の姓を名乗る時、できれば、子どもも同じ姓にしたいと思うのが通常です。
②再婚相手の夫と子が養子縁組するしかないと思う方が大半でしょう。
③しかし、養子縁組しなくても、結婚中に限っては、家裁の許可なしに、戸籍係へのに届出だけで、再婚相手の戸籍に入籍し、子の姓を再婚相手の姓に変えられます。(民法791条2項)
④勿論、再婚家庭全体の和合の目的で養子縁組する場合もあるでしょう。 この場合、子は当然に、養親の姓を名乗らねばなりませんし、子供は、養親の遺産に対する相続権も持つようになります。
▲養育費等他の離婚条件のメニュー・トピックスに戻る
個人の尊厳ある調停のイメージ木にれの木

事務所の基本姿勢

チーム:男性行政書士&女性カウンセラー

行政書士は家裁の調停委員として、離婚、相続、親子など家族問題に関する調停実務に永らく従事しました。女性心理カウンセラーとタッグを組んでの相談です。
●仕事を休まず相談できるように、面談は年中無休。経済的な料金制度を用意。
電話受付:月~土 9時~20時。日・祝日は休み。予約者は、日曜・祝日も面談。
●離婚や相続などの家族問題は、一つ一つが独自の内容をもっていて、一律には扱えない事を経験から熟知しています。
●特に、離婚は、感情的混乱の渦中にあるので、問題を筋道立てて話すことが、とても難しいのは当然です。
 ご本人の怒りや悲しみの感情を和らげながら、問題を整理します。”本人自ら”が理解して納得するような相談とカウンセリングを心がけています。
●法的問題、心の悩み、家族間の葛藤、子どもの心理や考え方、経済的自立、公的扶助など福祉制度等も含めた総合的観点からの説明と相談です。
●このHPは、読みやすいように平易な表現に徹し、条文や判例等は、省略しています。
 (尚、女性カウンセラーは、事務所の補助者として登録し、行政書士の指揮下にあります。)

「家から退去しろ」と言われた方はこちら

行政書士は、法律で顧客の個人情報を秘匿する
厳しい守秘義務が課されています。

NEWS

pagetop