離婚や財産分与、慰謝料などでお困りではありませんか
元調停委員・行政書士夫婦が離婚・相続の解決をお手伝いします。

内縁関係と財産分与ー財産分与義務の相続性

かつての判例は、内縁・事実婚関係を「婚姻の予約」と解釈していたため、「準婚関係」として財産分与規定を準用すべきとする学説上の通説と乖離していました。 昭和33年の最高裁判決で、準婚関係を肯定する判例変更をしました。内縁・…

続きを読む

別居時にした財産分与放棄の合意の有効性

別居する際に、離婚時には財産分与を求めないと書面で合意した場合、訴訟等ではこの合意を有効として取り扱われるでしょうか? 別居中とは言え、婚姻は継続していて、法的には夫婦です。民法754条は、夫婦間の契約は、婚姻中はいつで…

続きを読む

実質的共有財産の判定に関する裁判例

夫婦間における共有財産と特有財産の分類・判定に関しては、民法762条に規定されています。同条1項には、「婚姻中に一方の名で得た財産は特有財産である」と規定されているので、夫名義で購入した有価証券や不動産は、特有財産である…

続きを読む

一身専属権と財産分与・年金分割ー相談事例

私法上の権利、特に財産法上の権利は、権利の譲渡と相続、第三者による権利行使(債権者代位権)が認められるのが通常です。一身専属権は、例外として、本人しか行使できず、他人への譲渡や相続が不可能な権利です。慰謝料請求権、扶養請…

続きを読む

電話・メールでのご相談

ご相談は面談が原則です。電話・メールで、ご相談内容と面談希望日をお伝え下さい。
すみませんが、無料相談は受け付けておりません。

メールは24時間受付ですが、返信に最大2営業日ほど頂く場合もございます。

    お問合せ事項 (複数可)

    ページトップへ戻る