離婚や財産分与、慰謝料などでお困りではありませんか
元調停委員・行政書士夫婦が離婚・相続の解決をお手伝いします。

帰化日本人の離婚後の姓・氏

外国籍の人が、帰化手続で日本国籍を取得する時は、「氏の創設」をして新戸籍の編成が必要で、常用漢字・カタカナ・ひらがなからを使用した姓・氏を自由に選択して戸籍係に届け出る必要があります。

しかし、婚姻時に帰化する場合は、日本人配偶者の戸籍に入籍して、配偶者の氏を名乗る場合が多いようです。しかし、この場合は、帰化した方の氏を創設しているとは見做されません。

従って、離婚する場合は、復氏する氏及び戸籍がないので、原則通り、氏を創設する必要があります。自由に氏を選択することが出来ますが、仮に、元配偶者の氏を選択した場合でも、婚氏続称ではなく、氏の創設となります。

具体的には、離婚届下部の「その他」欄(署名押印欄の直上)に、夫又は妻の復する戸籍がないため、離婚後に称する氏を「○○」と定め、新戸籍を編製する。」との記載が必要となります。

電話・メールでのご相談

ご相談は面談が原則です。電話・メールで、ご相談内容と面談希望日をお伝え下さい。
すみませんが、無料相談は受け付けておりません。

メールは24時間受付ですが、返信に最大2営業日ほど頂く場合もございます。

    お問合せ事項 (複数可)

    ページトップへ戻る