にれの木の花言葉 個人の尊厳

03-3727-1801(9:00-20:00)

全体メニュー   事務所の基本姿勢と受付時間    「家から出ろ」と言われた方


料金のご案内

原則、共に調停委員経験ある夫婦で対応しますが、料金は一人分しかいただきません。
料金は、最終的には、ご依頼者の個別のご事情をお聞きして決定します。(*)
事務所のモットーと責任者と担当者の経歴などについては、 プロフィールをご覧下さい。
(*)料金は税前で、別途消費税を承ります。

(1)離婚コンサルティング

料金:1件当たり 100,000円~

◎分割払もできますので、ご相談下さい。
◎業務内容は こちらを参照して下さい。
◎男女二人の離婚コンサルタントが、離婚の可否などについてお話を伺うテーマなり、離婚の準備行為として指導する内容の詳細(離婚に踏み切るべきかどうかの考え方のステップや離婚の前に検討すべきポイント・視点等)については、 こちらを参照して下さい。

①原則として、半年間継続的にサポートさせていただきます。(定額料金です。)
②半年間の契約期間後の料金は、別途協議いたします。
③婚姻継続の合意書、別居の合意書、離婚協議書など期間中に必要となる協議書案の作成費用、離婚時に必要となる財産分与に向けてての資料収集の指導や資料の分析、 調停の事前ガイダンス 、 離婚時の必要協議事項や離婚手続等の詳細解説及びこれらの業務に伴う一切の相談・諮問料を含みます。
③原則として、共に調停委員経験をもつ男性行政書士と 女性所員(妻)のコンサルタント兼カウンセラーの二人がチームで担当します。 女性所員は、行政書士補助者として東京都行政書士会に届出済で、男性行政書士の指揮下にあります。(都合により、行政書士一人だけで対応する場合でも、料金は同一です。)
④詳細は、別途、面談して協議の上で決定いたします。
▲全体のメニュー・トピックスに戻る

(2)離婚カウンセリング、離婚・相続等家族問題の相談

料金:1回当たり 5,000円

(業務内容は こちらを参照して下さい。
①1回の時間は、一応30分を目途とします。
 (2時間の場合は、15,000円とします。)
②申し訳ありませんが、電話を含めて無料相談は受け付けておりません。 (メールでの簡単な相談のみ承ります。)
③離婚や相続等の家族問題の相談は、顔を直接見ながらの面談でないと、お互いの真意を十分に伝えられないと思います。 直接お会いしての相談が原則です。
④離婚カウンセリングは、行政書士の監督の下で、主として女性心理カウンセラーが担当します。
離婚カウンセリングの内容はこちらを参照
▲全体のメニュー・トピックスに戻る

(4)離婚給付等契約公正証書(離婚協議書)、養育費/財産分与/面会交流協定書等作成

料金: 1通当たり 50,000円~

(業務内容は こちらを参照して下さい。
①難度により、料金は変化します。受任前にお見積書を作成します。
②公正証書化をご希望の方は、公証役場での書面完成までのサポート料金も含みます。(協議離婚の条件を公正証書としたものは、通常、離婚給付等契約公正証書と呼ばれます。)
③公正証書化には、上記に加えて、公証人の手数料が必要です。
▲全体のメニュー・トピックスに戻る

(5)示談書の作成:不倫の精算

料金: 1通当たり 50,000円~

(業務内容は こちらを参照して下さい。
①難度により、料金は変化します。受任前にお見積書を作成します。
②公正証書化をご希望の方は、公証役場での書面完成までのサポート料金も含みます。
③公正証書化には、上記に加えて、公証人の手数料が必要です。
▲全体のメニュー・トピックスに戻る

(6)遺言書案作成(自筆遺言証書・公正証書遺言共通)

料金:1通当たり 100,000円~

(業務内容は こちらを参照して下さい。
①公正証書化をご希望の方は、公証役場での書面完成までのサポート料金も含みます。
②公正証書化には、上記に加えて、公証人と証人の手数料が必要です。
③自筆遺言証書には、実際の自筆遺言証書の査読(ご希望あれば)及び自筆遺言証書の修正方法・ 検認手続についての手引き作成もみます。
※受任前にお見積書を作成します。
▲全体のメニュー・トピックスに戻る

(7)遺産分割協議書案作成

料金:1通当たり 100,000円~

(業務内容は こちらを参照して下さい。
相続人の数や相続財産の種類など内容の難易度により、料金は変わります。
※受任前にお見積書を作成します。
▲全体のメニュー・トピックスに戻る

個人の尊厳ある調停のイメージ木にれの木

事務所の基本姿勢

チーム:男性行政書士&女性カウンセラー

行政書士は家裁の調停委員として、離婚、相続、親子など家族問題に関する調停実務に永らく従事しました。女性心理カウンセラーとタッグを組んでの相談です。
●仕事を休まず相談できるように、面談は年中無休。経済的な料金制度を用意。
電話受付:月~土 9時~20時。日・祝日は休み。予約者は、日曜・祝日も面談。
●離婚や相続などの家族問題は、一つ一つが独自の内容をもっていて、一律には扱えない事を経験から熟知しています。
●特に、離婚は、感情的混乱の渦中にあるので、問題を筋道立てて話すことが、とても難しいのは当然です。
 ご本人の怒りや悲しみの感情を和らげながら、問題を整理します。”本人自ら”が理解して納得するような相談とカウンセリングを心がけています。
●法的問題、心の悩み、家族間の葛藤、子どもの心理や考え方、経済的自立、公的扶助など福祉制度等も含めた総合的観点からの説明と相談です。
●このHPは、読みやすいように平易な表現に徹し、条文や判例等は、省略しています。
 (尚、女性カウンセラーは、事務所の補助者として登録し、行政書士の指揮下にあります。)

「家から退去しろ」と言われた方はこちら

行政書士は、法律で顧客の個人情報を秘匿する
厳しい守秘義務が課されています。

NEWS

pagetop